【名護】沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では25日午前、市民ら70人以上が集まって、新基地建設へ抗議した。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で、新基地建設に反対し歌を歌う女性たち=25日、名護市辺野古

 東村高江から参加した女性2人は「悲しくてやりきれない」など数曲を、ウクレレを弾きながら歌い、基地建設反対の意思を示した。

 東京都の横田や、石川県小松など全国の軍事基地周辺の爆音訴訟の原告ら10人ほどが訪れあいさつ。第二次新横田訴訟の原告は「強大な権力を持つ国に対しては、魔物と戦うような決意が必要だ」と激励した。