世界106の国・地域でホテル運営を手掛けるヒルトン(米バージニア州、クリストファ・J・ナセッタ社長)は6月1日、北谷町で「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」を開業する。ダブルツリーbyヒルトンのブランドは県内3軒目だが、リゾートタイプとしては国内初となる。

6月1日にオープンするダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート(中央)=同社提供

 国内外からの宿泊客を見込んでおり、本島西海岸の海や近くにあるアメリカンビレッジの特色を生かし、非日常の体験をコンセプトにアピールする。 

 ホテルは5階建て、敷地面積は1万1397平方メートルで、延べ床面積は1万1153平方メートル。客室は160室(30~60平方メートル)。宿泊客は隣接する「ヒルトン沖縄北谷リゾート」のプールやレストランなども利用できる。

 30日の内覧会で総支配人のレイチェル・デイビッドソン氏は「西海岸に沈む夕日を見ながらリラックスしてほしい。地元の人たちも非日常を味わってほしい」と話した。