日本のアニメ史に残る名作の魅力を解き明かす「エヴァンゲリオン展」(主催・沖縄タイムス社など)は25日の開幕以来、連日多くのファンでにぎわっている。「新劇場版」シリーズの原画や絵コンテなど約1300点が展示されている。沖縄県立博物館・美術館で5月8日まで。

展示された原画や絵コンテに見入る来場者=25日、県立博物館・美術館

エヴァンゲリオン展一般当日券

沖縄限定商品なども取り扱うエヴァンゲリオングッズ売り場=25日、県立博物館・美術館

連日、多くのファンが詰め掛けている

展示された原画や絵コンテに見入る来場者=25日、県立博物館・美術館 エヴァンゲリオン展一般当日券 沖縄限定商品なども取り扱うエヴァンゲリオングッズ売り場=25日、県立博物館・美術館 連日、多くのファンが詰め掛けている

 会場には、若いカップルや学生らがつめかけ、貴重な生原画や、長編アニメのメイキングシーンが上映される映像を観覧していた。

 沖縄限定企画として、おばぁタイムスや漆、紅型などとコラボレーションしたグッズも販売されている。

 また、一般当日券はシンジら5人の日替わりチケットとなっており、コンプリートする楽しみも。

 入場料は一般1200円、高校・大学生800円、小学・中学生500円、未就学児無料。問い合わせは沖縄タイムス社文化事業局、電話098(860)3588(平日午前10時~午後6時)。