沖縄県名護市にある県立北部病院(久貝忠男院長)と北部地区医師会病院(諸喜田林院長)が6月から外科医の相互派遣を始めることが30日、分かった。他の診療科でも徐々に同様の機能統合を目指す。慢性的な医師不足が続く現場の負担軽減や、症例集約による離職対策、基幹病院設立への体制づくりにしたい考え。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。