コープおきなわなどが出資する「おきなわコープエナジー」は30日、10月から家庭向けに電気を販売すると発表した。組合員を中心に営業し、次年度までに1万世帯の普及を計画。各世帯に太陽光発電システムを無料設置するサービスも手掛け、電源確保も進める。再生可能エネルギーの普及を促進し、CO2削減も目指す。