「文学に何ができるのか」をテーマに日本ペンクラブ(吉岡忍会長)は20日、第34回「平和の日」の集い「人 生きゆく島 沖縄と文学」を宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開いた。基調講演と二つのパネルディスカッションがあり、県内外から9人の作家や評論家、ジャーナリストが登壇した。