【八重瀬】医療や介護に頼らず暮らせる「健康寿命」を延ばすためにできることを考える講演会が27日、町東風平の町中央公民館で開かれ、住民ら約120人が聞いた。講師を務めた奈良県生駒市福祉健康部次長で地域包括ケア推進課長の田中明美さん(51)は「地域力が鍵を握る」と説いた。