台湾の少数民族の歌に合わせ、中華風の衣装を身に着け、鈴を鳴らしてゆったりと舞う。20年以上続けてきた台湾民俗舞踊のサークルは「心が癒やされるところ」と語る。 定年の翌年、友達の紹介でサークルに入った。毎週火曜日午前10時〜正午に那覇市若狭公民館で、台湾の先生の指導を受けながら仲間12人で練習に励む。