自治体職員が政策形成の能力を高めることを目指す「自治体職員政策形成セミナー」の第1回子どもの貧困対策研修(主催・南部・中部広域市町村圏事務組合)が30日、県庁であった。市町村や社協職員、教諭らが参加し、県内の子どもの貧困を巡る現状などを情報共有した。