那覇空港第2滑走路の埋め立て建設工事で、沖縄総合事務局が提出した県外石材の搬入届をめぐり、県が25日までに、搬入元の奄美大島の採石地周辺を現地調査し、特定外来生物のハイイロゴケグモを確認していたことが分かった。総事局の示している混入防止対策の実効性について確認を進めている。