【名護】市の沖縄愛楽園交流会館で6日、シンポジウム「青木恵哉-愛楽園の礎となった療養者」(同園自治会主催)が開かれた。同園の創設者で、自らもハンセン病を患いながら患者の救済に尽くした青木さんについて、研究員や同園ボランティアガイドがそれぞれの視点から語った。