【東京】沖縄タイムス社は26日、2017年3月卒業予定の首都圏の学生らを対象に、都内で合同企業説明会「タイムス就職フォーラムin東京」を開いた=写真。金融、製造、IT、観光など、県内企業14社が参加。リクルート姿の学生は、採用担当者らの話に耳を傾け、企業の特徴や仕事の魅力などの話に熱心にメモを取っていた。

 県出身者を中心に58人の学生が来場した。県出身者は沖縄で就職したいとの希望が強く、参加企業のブースを次々訪れ、採用情報を収集していた。

 「大好きな沖縄で働きたい」と話した京都産業大学4年の工藤雅之さん(21)=京都市=は「就職活動の日程がタイトになった。いろんな企業の情報を仕入れ、どんどん応募していきたい」と意気込みを語った。

 27日は京都市、4月9日には福岡市でも開く。