その地名は、江戸から明治にかけて全国の学僧が集った名刹(めいさつ)から3里(約12キロ)の位置にあることから付いた。千葉県成田市の三里塚。のどかな農村地帯には言わずと知れた日本の空の玄関口、成田空港がある▼今年で開港40年。最初の年の旅客数487万人が今や4068万人。