前原が7-6で八商工とのシーソーゲームを制し、3年ぶりの8強入りを決めた。 2-3の六回裏、2人の右の代打が流れを引き寄せた。2死二、三塁、1人目の山城拓也が右前適時打で同点。なお一、三塁で打席に送られた池本樹が「右方向を意識した」と狙い通りの流し打ちで勝ち越した。