沖縄弁護士会(天方徹会長)は29日、憲法9条改正論議の問題点を指摘し、憲法改正手続法(国民投票法)の見直しを求める総会決議を発表した。 自民党の改憲案は、自衛隊の任務の範囲が曖昧で統制の仕組みが検討されていないとし、国民が判断できる材料を十分に提供するよう要求。