司法取引導入を受け、沖縄弁護士会刑事弁護委員会の高良誠委員長は「末端の暴力団員は組織からの仕返しを恐れたり、義理を果たそうとしたり、司法取引に消極的になるかもしれない。まずは経済犯罪が中心になるだろう」とみる。