ハンドボールの第5回JHLジュニアリーグ優勝決定戦は27日、東京・駒沢体育館で行われ、男子西地区代表の琉球コラソンジュニアは東地区代表の大同フェニックス東海を28-12で下し、2年ぶりの栄冠を手にした。女子西地区代表の琉球コラソンジュニアも東地区代表の大同フェニックス東海を18-6で破り、2年連続3度目の頂点に立った。

2年ぶりの優勝を飾った男子の琉球コラソンジュニア(提供)

2年連続3度目の頂点に立った女子の琉球コラソンジュニア(提供)

2年ぶりの優勝を飾った男子の琉球コラソンジュニア(提供) 2年連続3度目の頂点に立った女子の琉球コラソンジュニア(提供)

 男子の伊禮颯雅主将は「どの試合も守って速攻で相手を圧倒した。優勝できてうれしい」と語った。女子の島袋心花主将は「連覇の重圧もあったけど、全員で声を出して乗り越えた。チームワークの勝利」と喜んだ。