嘉手納が九回に一挙5点を挙げ、南部工業を6-2で退けた。1-2から打者11人、長短7安打での逆転劇。1死三塁、勝ち越しの右前適時打を放った5番比嘉花道は「自分のエラーが点に絡んだので、自分が決めてやろうと思った」と胸を張った。