【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では28日、新基地建設に反対する市民ら約80人が座り込みを続けている。市民らによると同日午前8時半ごろ、パワーショベルやコンテナなどを積んだダンプカー8台ほどがシュワブ内から出て行ったという。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「いよいよ本格的な工事停止に向けて動きだしている」と話した。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で「米軍基地いらない」と声を上げる市民ら=28日、名護市辺野古

 辺野古沖では、作業船2隻、大型ブロックを積んだ船1隻が停泊しているが、作業の様子は確認されていない。