紆余(うよ)曲折を経て『八重山を学ぶ-八重山の自然・歴史・文化-』が発刊された。2015年に刊行された石垣市教育委員会編の中学生用副読本『八重山の歴史と文化・自然』は、「南京大虐殺」・「従軍慰安婦」の記述を巡り、石垣市教委が「見解が分かれる事案」として17年度以降、発刊・配布を取りやめた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。