沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)の研究員や学生、その家族ら15人でつくるOISTエコクラブは1日から、インスタグラムで「ワールド・オーシャンズ・デー フォトコンテスト」を始めている。ストローを使わずに飲み物を飲んでいる写真を投稿し、プラスチックごみによる海洋汚染の啓発を目指す。投稿は8日午後7時まで。

「プラスチックごみを考えるきっかけにしてほしい」と話すマーガレット・ブリスビンさん(右)とトーマス・真紀さん(中央)=5月31日、恩納村谷茶・OIST

 8日の「世界海洋の日」にちなんだ企画。フォトコンテストに参加するには、指定のハッシュタグ(#stopsucking、#OISTdoesntsuck、#OISTストローフリー)を付けて投稿する。拡散を促すために@OISTeduのフォローと友達1人のタグ付けも必要。投稿された写真から優秀賞を選び、ステンレスのストローや蜜蝋(みつろう)のラップなどのエコグッズを贈る。

 エコクラブのメンバーで博士課程4年次のマーガレット・ブリスビンさんとトーマス・真紀さんは「ストローは身近にあって、リサイクルされにくいプラスチック製品。必要ない場合でも、使っていないか」と疑問を投げ掛ける。「プラスチックごみの削減は、みんなが取り組まないと実現できない」と広がりを呼び掛けた。

 また、8日午後7時から、村山田のビーチバー・ココナッツムーンで、池間島の漂着ごみ問題を描いた短編ドキュメンタリー「みんなの海だから」の上映会も開く。