23日の「慰霊の日」を前に、広島の原爆で閃光(せんこう)を浴びて傷つき、修復された「被爆ピアノ」が2日、同じ73年前に「集団自決(強制集団死)」などで85人が犠牲になった沖縄県読谷村波平のチビチリガマ前で、初めて演奏された。生存者や遺族を含む村内外約200人が戦火の記憶を刻んだ音色に聴き入り、ガマに眠る犠牲者の冥福を祈った。崖下にある会場に入りきれず、崖の上から耳を傾ける人もいた。

広島原爆の閃光で傷ついたピアノの音色に、歌声を乗せる古堅小の児童ら=2日、読谷村波平・チビチリガマ(篠原知恵撮影)

広島原爆の閃光で傷ついたピアノの音色に、歌声を乗せる古堅小の児童ら=2日、読谷村波平・チビチリガマ(篠原知恵撮影)

 ピアノは1938年に作られたもので、ほぼ被爆当時のまま。被爆2世で広島市の調律師、矢川光則さん(66)の協力で実現した。

 主催者で、母方の祖父母ら5人を亡くした遺族会の與那覇徳雄会長(63)は「ここは間違った戦争で家族や親族同士、自らで命を絶った犠牲者の遺骨が眠る墓だ。戦争で傷ついた被爆ピアノの音とつなぐことで、より平和を語り継ぐ機会にしたい」と願いを込めた。

 村内の奏者が奏でるピアノに、読谷小と古堅小の児童が歌声を乗せた。読谷小6年の城間紀尚(のりひさ)君は、ガマでの合唱を通し「県内外の人に、戦争は絶対いけないと知らせたい」と思ったという。祖父らにも「戦争でどんなことがあったのか、聞いてみたい」と語った。

 45年4月1日に読谷を含む本島西海岸に上陸した米軍は同2日、チビチリガマ周辺に侵攻。ガマに避難していた住民約140人のうち21世帯83人が「集団自決」に追い込まれ、米兵による射殺で2人が亡くなった。「集団自決」の犠牲者の約6割が18歳以下だった。