沖縄地方は3日、梅雨前線の影響でまとまった雨が降った。

雨の中、傘をさして歩く人たち=3日午後1時すぎ、那覇市久茂地

 宮古島では午後1時までの1時間に53ミリの非常に激しい雨を観測。与那国島では午前3時57分までの1時間に46ミリの激しい雨が降った。

 本島地方でもやや強い雨が降り、沖縄市胡屋の1時間降水量は、午後1時58分までに18ミリだった。

 5月は記録的な少雨だったものの、6月に入って梅雨前線はようやく南下。沖縄気象台によると4日も、沖縄地方は曇りや雨で、大東島地方は未明から、雷や急な強い雨の降る可能性がある。