学童軟式野球の第124回県大会兼第36回全日本大会マクドナルドトーナメント・第5回全九州大会県予選(主催・県野球連盟、琉球放送、共催・沖縄タイムス社)最終日は28日、石川球場で行われた。決勝は世名城ジャイアンツ(南部B)がさつき倶楽部(那覇)を8-2で下し、6年ぶりの頂点に立った。

さつき倶楽部-世名城ジャイアンツ 2回裏世名城2死満塁、金城壮が右中間を破る走者一掃の三塁打を放つ=石川球場(松田興平撮影)

優勝した世名城ジャイアンツ

優勝を決めてマウンドに集まって喜ぶ世名城ジャイアンツナイン

準優勝のさつき倶楽部

さつき倶楽部-世名城ジャイアンツ 2回裏世名城2死満塁、金城壮が右中間を破る走者一掃の三塁打を放つ=石川球場(松田興平撮影) 優勝した世名城ジャイアンツ 優勝を決めてマウンドに集まって喜ぶ世名城ジャイアンツナイン 準優勝のさつき倶楽部

 3位決定戦は泊ファイトクラブ(那覇)が2-0で上本部ドジャース(辺土名・北部北)を破った。

 優勝の世名城は全日本大会(8月・神宮球場)、準優勝のさつき、3位の泊は全九州大会(同・福岡)の出場権を得た。