【東京】1997年度から2017年度までの21年間にあった米軍人・軍属による事件事故で、日米両政府からの賠償金や米政府からの慰謝料による補償件数は計5573件で、金額は約47億円だったことが分かった。このうち県内分は2963件で約20億円だった。