世界自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の政府推薦の取り下げ決定を受け、翁長雄志知事は1日、国の方針を支持する考えを示し「地元も確実な遺産登録を望んでおり、国の方針にのっとって協力して進めていく」と、コメントを発表した。