金武小学校近くで50年以上営業を続け、町民から「きんぶん」の愛称で親しまれる本と文具の店「金武文化堂」(金武町金武)が、老朽化で建て替えられる。店が入る建物は、琉球政府立法院議事堂や當山紀念館などを手掛けた沖縄を代表する建築家、故大城龍太郎さんが設計し、築60年を超えた。