那覇署は1日、那覇市銘苅で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転したとして、宜野湾市役所の臨時職員の女(32)=宜野湾市=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べに容疑を認めており、署は同日午後に女を釈放した。署によると、呼気から基準値の約2倍のアルコールが検出された。