沖縄県の鉄軌道技術検討委員会が29日、南部合同庁舎で開かれ、那覇市を起点、名護市を終点とする四つのルート案を了承した。

 人口や県民、観光客の移動ルート、宿泊施設の集中化の度合いなどを勘案した結果、複数のルート案となり、県民の意見を聞いた上で年内に絞り込む。

 ルートは、①本島中部で嘉手納町、読谷町などの西側を通り、そのまま恩納村を通過②嘉手納、読谷を通った後、金武町、宜野座村を通過③本島中部で北谷町の後、沖縄市、うるま市を通り、恩納村を通過④ルート③でうるま市を通った後、金武町、宜野座村を通過―の4案。

 ①は沖縄市・うるま市を通らず、②は沖縄市を通らず、③と④は嘉手納町・読谷村を通らない。