政府が廃止を検討している名護市辺野古の新基地建設現場に近い久辺3区(辺野古、豊原、久志)への直接補助金に関し、名護市が再編交付金を通じて支出する形で継続する方針を固めたことが3日、分かった。市議会9月定例会に2018年度分約1億2千万円の補正予算を計上する方針。政府関係者が明らかにした。