糸満は9安打9得点と効率良く加点し、9-2の七回コールド勝ちと知念を圧倒した。犠打を警戒させながらエンドラン強行と自在に攻め立てた。三回には、4番平安常輝が大会7号のソロ本塁打を左翼スタンドへたたき込み、長打力もアピールした。