【うるま】「事故はまさに地獄絵そのものだった」「忘れたいけど忘れられない記憶」。