沖縄県の鉄軌道技術検討委員会は29日、那覇を起点、名護を終点とする四つの鉄軌道ルート案を了承した。おおまかに「中部で沖縄市側(東)を通るか嘉手納・読谷側(西)を通るか」と「北部で金武・宜野座側(東)を通るか恩納側(西)を通るか」で分かれており、中・北部で2ルートずつを分けた格好だ。