原発や沖縄の米軍基地、改憲を3本柱として、法学者の前田?が哲学者・高橋哲哉に行った公開インタビューをまとめた。第1章「フクシマ−3・11以後をあらためて考える」では、被災者や避難者に対する政府の切り捨て政策を厳しく問う。同時に原発問題を巡る社会意識が分裂している現状への危機感を示す。