南都(大城宗直社長、那覇市)は5日、新商品「琉球レモンサワー」(プレミアムシークヮーサーサワー、350ミリリットル、税抜き価格230円)をおきなわワールドや沖縄県内のスーパー、コンビニで発売した。原材料はシークヮーサーや泡盛、北部製糖のきび粉糖など、すべて県産素材にこだわった。

南都が発売した琉球レモンサワー

記者会見を開き、琉球レモンサワーの発売をPRする南都の我那覇工場長(中央)ら=県庁

南都が発売した琉球レモンサワー

南都が発売した琉球レモンサワー 記者会見を開き、琉球レモンサワーの発売をPRする南都の我那覇工場長(中央)ら=県庁 南都が発売した琉球レモンサワー

 都心部を中心としたレモンサワー人気に着目し、沖縄ならではの商品として開発した。シークヮサーのストレート果汁を8%使用。風味を際立たせるため、香りが良くほのかに甘い減圧蒸留の泡盛で仕上げた。また、きび粉糖で自然な甘さに調整した。

 アルコール度数は5%。酸味料、香料、着色料は使っておらず、同社執行役員の我那覇生剛工場長は「シークヮーサー本来の香りとうまみをストレートに楽しめる」などとPRした。働き盛りで健康に気を使う30~40台の男女をターゲットに、県内や首都圏で年間48万本の販売を目指す。