名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は5日までに、海域の一部の埋め立てに必要な赤土等流出防止条例に基づく県への事業通知に向け、県と事前の形式審査に入った。形式審査を終え通知書が正式に提出されれば、防衛局は埋め立ての本格的な土砂の投入が可能となり、基地建設が重大な局面を迎えることになる。