在沖海兵隊は5日、ポール・ロック米海兵隊太平洋基地司令官が米軍普天間飛行場の司令官を務めるマーク・カーペス大佐を解任したと発表した。 発表された広報文は解任の理由を「飛行場の指揮官である彼の任務に対する信頼と信用の喪失」としており、詳細は明かしていない。