【東京】「骨太の方針2018」の原案では、沖縄振興について、新たに「米国の協力を得た英語教育の充実」と明記した。泡盛の海外輸出プロジェクトなどを通じた県産酒類の振興促進も盛り込まれた。 英語教育に関しては、自民党沖縄振興調査会などがまとめた党の提言では「在日米軍の協力を得て」とされていた。