糸満が先発全員の16安打で9点、投げては3投手の継投で沖水打線を4安打2失点に抑えた。投打ががっちりかみ合い、2年ぶりの準決勝進出を決めた。 鮮やかな先制劇だった。一回表、1番大城翔太郎が初球をたたいて右越え二塁打で出ると、2番大城幸雅は1球目で犠打を決めて1死三塁。