名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で5日、新基地建設に反対する市民が最大90人が集まり、抗議行動を展開した。「美ら海を壊すな」などと訴え、埋め立て工事の中止を求めた。午前10時、正午、午後3時の3回、県警機動隊員が市民らを強制排除し、約300台の工事車両が基地内に入った。