家庭で虐待されて育ち、学校では問題児だった少女が保健室の先生になった。那覇市立高良小学校の養護教諭、平良瑠夏さん(30)は貧困や虐待など、困難な環境の子どもを救うため、ソーシャルワーカー(社会福祉士)のスキルを持つ養護教諭を増やそうと訴える。