沖縄尚学が3試合連続となるコールド勝ちで2年連続の4強入りを果たした。全4試合で32点、失点はわずか2と安定感が際立った。 先発の左腕エース諸見里俊が試合をつくった。130キロ台後半の直球でぐいぐい押し、7回を3安打7三振で無失点に抑える快投。無四球とテンポよく投げ込み、隙を与えなかった。