豊見城が第4シードの嘉手納に7-2で逆転勝ちし、4強入りした。3番右翼手の宮海翔が攻守で流れを呼び込んだ。 まずは守備で見せた。1-2の四回、2死二塁で鋭い打球が右中間に飛んだ。「センターのカバーが見えたので突っ込んだ。流れを変えたかった」。横っ跳びで好捕して失点を防いだ。