3-1の九回裏、美来工科のエース仲宗根登夢は、自身の悪送球と死球で1死満塁のピンチを招いても動じなかった。前原8番を2ボール2ストライクと追い込むと、「冬場に習得した新球種」スローカーブで投ゴロの併殺に仕留め、初の4強を手繰り寄せた。