旅行予約サイト「楽天トラベル」は全国の宿泊施設の朝食を競い合う「朝ごはんフェスティバル2018」の沖縄部門1位に恩納村の「沖縄スパリゾート エグゼス」の「とびきりミートなエッグベネディクト♪」を選出した。楽天トラベルに寄せられた宿泊者の食事に関するクチコミ評価を基に、各都道府県ごとに上位3ホテルの朝食を選んだ。

「沖縄スパリゾート エグゼス」の朝食「とびきりミートなエッグベネディクト♪」(エグゼス提供)

 県内からは50件の宿泊施設がエントリー。沖縄部門2位には那覇市の「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」の「あぐー豚の首里みそ煮込みからし菜ご飯」、3位には同市の「リーガロイヤルグラン沖縄」の「エッグベネディクト リーガスタイル」が選ばれた。

 エグゼスの玉城智司総支配人は「朝食は多くの宿泊客が食べるので特に力を入れている。食材や味付け、盛り付け方などにこだわった点が評価されうれしい」と話した。