東急不動産(東京都、大隅郁仁社長)と東急ステイ(東京都、清水竜太社長)、東急ステイサービス(東京都、小先文三社長)は6日、那覇市壺川にホテル「東急ステイ那覇(仮称)」を2019年冬に開業予定と発表した。国内外のビジネス客や観光客をターゲットとしている。着工は18年6月中旬で、「東急ステイ」の沖縄県内進出は初めて。

東急ステイ那覇(仮称)の建設予定地

 全203室。11階建てで、大和ハウス工業沖縄支店が企画開発をする。

 敷地面積は3995平方メートル、延べ床面積は2万357平方メートル。最低客室面積は約21平方メートル。1・2階は商業施設、3・4階は駐車場となっている。

 新ホテルは「1泊でも、中長期滞在でも快適な空間」をコンセプトにしており、洗濯機や電子レンジ、ミニキッチンなどを備える予定だ。