【名護】ザ・テラスホテルズ(名護市、國場幸伸社長)は5月30日、沖縄タイムス社が提供する新聞の読み方講座を名護市のザ・ブセナテラスで開催した。新入社員研修の一環で大卒者を中心に29人が受講した。

(写図説明)気になる新聞記事を探して話し合う受講者=5月30日、名護市のザ・ブセナテラス

 沖縄タイムス北部報道部の又吉嘉例記者が、一つの取材がもっと大きなニュースにつながった経験などを語り「新聞には多分野の話題があり、その分野の担当記者が、ニュースソースを明記して書き、デスクなど何人もの目を経て世に出ている」と信頼性と幅の広さを説明。記事を読むことで、コミュニケーション力を高め、仕事に生かすことができる、と提案した。

 兵庫県出身の大田透さん(22)は「新聞の読み方が分かったので、ニュースを通じて沖縄についての知識を深め、もっと沖縄のことを身近に感じられるようにしたい」と話した。