沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:砕石投下、護岸工事続く 沖縄防衛局

2018年6月7日 14:17

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は7日も護岸工事を続けた。繁殖のために南から渡ってきたアジサシの仲間が飛び交う海域で、「K4」護岸を伸ばすための砕石投下を繰り返した。

アジサシが飛び交う中、新基地建設現場を警備する海上保安官=7日午前8時50分すぎ、名護市辺野古沖

 新基地に反対する市民がカヌー8艇、船2隻を出して抗議。船長の1人は「1年ぶりに帰ってきたら景色が変わっていて、アジサシもびっくりしているかもしれない」と話した。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では抗議の座り込みがあった。機動隊が午後1時までに2回強制排除し、ダンプなどが基地内に入った。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム