2018年県産マンゴーの生産量が昨年より3〜4割落ち込む見込みだ。蕾(つぼみ)の割合を示す「出蕾(しゅつらい)率」は3月時点で本島南部が48%(JAおきなわまとめ)、宮古は38%(県まとめ)と昨年同期比で3割近く減少。