名護市が給食費と保育料をそれぞれ無料化し、子ども医療費の無料化対象を広げる。自治体にとってはいずれも予算面や受益者負担の観点から踏み込みづらい子育て支援策だが、渡具知武豊市長が再編交付金という「新財源」を得て、トップ判断でゴーサインを出した。